レジェンドストーリー

STORY.44
2014年上半期レジェンドストーリー銅賞T.T
平成26年4月度 ASA逗子

夕方にさしかかり、あたりがうっすらと暗くなってきた頃「仕方ないわねぇ、あなたの熱意に負けたわ」と一件のお客様からご契約を頂くことが出来ました。

その日は、遠征日程の2日目で、5日間無料お試し期間中のお客様に購読をお勧めする日でした。
1日目が終わり、目標の件数まで後もう少しだったため、今日はなんとしてでもやらなければ!と気を引き締めて仕事に望みました。
そんな中このお客様は、お願いにお願いを重ね、なんとか冒頭のご契約を頂いたお客様でした。そのためご契約いただいた期間は3ヶ月。私は大変ご無理を言いましたので、特別なご招待券を4枚お付けしました。
一般的には長期のご契約のほうが販売店からは良質な契約とされることが多いのですが、この一件は気持ちで頂いたご契約でした。
その後も順調に契約件数を重ね、何とか本日の役目をはたすことが出来、販売店に戻りました。先ほどのお客様については、大変ご無理を言ったお客様でしたので、きっとこの後は続けて読んでは下さらないだろうなと思いながら、その日の仕事を終えました。

そして後日、私宛に一通の手紙が届いたのです。そう、それはあの時ご無理を言って3ヶ月間お申し込みを頂いたお客様からだったのです。
内容は、訪問のお礼と3ヶ月間だった契約期間を延長してくださったと言うものでした。私は、ご無理を言ったこと、販売店のお役に立つことが出来たのかなど、少し引っかかっていましたので、この手紙はうれしさと同時に一生懸命仕事をしてきて良かったなとあらためて自身につながりました。

私はこの一件のご契約を通して、数字の上だけでは決して知ることの出来ないドラマが、一つ一つの契約と言う出会いにはあることに改めて気づくことが出来ました。

~以下手紙引用~

T様
1月に訪問いただきました。
来年1月から3月まで契約をさせて頂きました。
その後、夫が毎日駅で買っているので配達してもらうように、2月から12月、続けて来年1月から3月まで契約をプラスしました。
八景島シーパラダイスのチケットも沢山ありがとうございました。
孫たちが楽しみにしております。
夫は駅で買うよりずっと楽ときっかけを作ってくださいました。
ありがとうございました。続けてがんばってください!
まずはお礼まで。

prev page一覧next page
採用に応募 ページの先頭へ
削除
STORY.44
    コメント(0)